若々しいカテゴリーを中心に大ブレイクした「昼前シャン」ですが、その影響で、昼前シャン応対の洗面テーブルが登場するなど、我が家器材にも反映されてある。

昼前シャンを行うことには賛否両論がありますが、何より、時間的に手狭昼前にシャンプーする結果、朝めしのタイミングがなくなることがジレンマになります。

また、朝めしを追い抜く結果、昼前の事業や勉強に集中できないなどの問題も出てきます。

このように、昼前シャンの問題は各種箇所で現れてきますので、女性だけでなく、旦那の場合も注意が必要です。

社会人になると飲酒の機会も増えますが、そのために、朝起きが難しく罹る、ディナー抜きで立ち寄るなど、行き詰まりも出てきます。

また、衣装を意識して洗いだけでもと思い、慌てて洗髪して半乾きのまま立ち寄るヒトもいるかもしれませんね。

但し、このようなことが慣例化すると、毛を傷付けることは勿論、体の栄養状態が悪くなるなど、何かと深刻なジレンマもでてしまう。

そんな病状を防ぐためにも、ルーチンの改変が大切ですが、昼前シャンの慣例を見直すことも当然要因に含まれます。