先月のことになりますが、自分では敢然と計画を立てて資金を活かし、削減も出来ていたとしていたのですが、まさに生計簿を見て見たところ、衝撃を受けました。

衝撃を受けた・・・というとさっとオーバーなような感じがするかもしれませんが、自分が思っていたよりもなんにも削減できていなかったのです。

「これはなぜです?」って不思議に思いましたが、たしか前月は急性飲みが数回あったことを思い出しました。

それで思っていたよりも蓄えができていなかったようです。

今までひとりでに生計簿をつけていましたが、何とか「つけていて良かった」と思いましたね。

生計簿を見極めるまで忘れていたは、資金を何に使っていたのかを覚えていないということでもあるので、浪費に繋がりそうではありませんか?

我々はそこまで倹約住まいというわけではありませんが、資金のダウンだけは敢然としておきたいのです。

こんな風に図るようになったのは、今までにまだまだ何かとあったからなのですが、これからも敢然と生計簿はつけていこうと思いました。http://www.timetowerlv.com/